(旧blog)トップページ

過去のブログより:2009-07-30 10:54:49

ようやくトップのページもできました。吉浦さん作です。
http://commuken.net
だけ入れると出てきます。良かったらご覧下さい。

あと、写真集なんかももうけたいと思っています。
このサイトに使ったのはxoopsというシステムですが、奥が深くて、なかなか簡単にはいきません。

(旧blog)レッツチャット

過去のブログより:2010-08-26 17:08:45

私のブログ「Takaki’s Clipper」より転載
私たちが作っているHeartyLadder。Windowsで作っているため、WINDOWSでできることは1つのスイッチでなんでもできる。メールも書けるし、インターネットも。
ただ、難点なのはノートなどのパソコンが必要なこと。パソコンが必要なことで、いくつも欠点がある。
簡単に持ち歩けない、起動が遅い、場合によっては自分で起動できない、フリーズして操作不能になることがある。これらのことは障害のあるユーザーさんにとってはかなり大きいものだ。

この問題を解決してくれるのがレッツチャットという機械だ。
マイコンで作られているからすぐに立ち上がるし、フリーズすることもない、メールなどはできないが、そばにいる人との会話はこれで十分。パソコンではないため、余計な機能もなく、とてもシンプルで、子供さんから高齢者まで幅広く使われているようだ。
そして、この機械によってコミュニケーションの手段を得られている人も多い。正直言ってHeartyLadderを作る私としては、かなりうらやましい。

ところがそんなレッツチャットが存続の危機に立たされている。
2度目に行った小倉での福祉機器展の時、そこの社長さんがわざわざブースに来てくださって、HeartyLadderの事を知っていると話しかけてくださったことは今でもよく覚えている、そのときは同じコミュニケーションのツールを作るもの同士、デモンストレーションは放っておいて熱く語り合ったものだ。開発は私一人でやっているというと、「それやったら、死ぬまで、いや、死んでもサポートつづけんなあかんなぁ」と言われて、一緒に笑ったものだった。それなのに、まさかレッツチャットが先になくなりそうだなんて、予想もしていなかった。

それで今、あちこちで、レッツチャット存続のための署名活動がなされている。
私ももちろん、署名に加わる。
おそらくここを読んで下さっている方にはHeartyLadderのユーザーさんもおられて、きっとレッツチャットの必要性はわかっておられると思う。悔しいけど、レッツチャットの後はHeartyLadderは勤められない。なので、これを読んで、なるほどと思ってくださった方は是非署名にご協力下さい。
http://itijikurin.blog65.fc2.com/blog-entry-1611.html 署名に関するブログ記事

http://www.shomei.tv/project-1588.html#page-top ネット署名
よろしくお願いいたします。

(旧blog)入力スイッチの選定時に気をつけて頂きたいこと

過去のブログより:2011-08-05 20:29:52

コミケンデータ集にも書いたのことですが、より多くの方に知っていただきたいので、ブログにも転載します。

「入力スイッチの選定時に気をつけて頂きたいこと」

手足が不自由になった方の、意思伝達装置用の入力スイッチの選定をするときに気をつけて頂きたいことがあります。

それは、本人やご家族さんなどが言われる、「どこも動かせません」という言葉を信じないでほしいと言うことです。

確かに、バンザイをしたり歩いたり出来ない方だと、一見すると「手足を動かせない」と判断してしまいそうになります。

しかし、手足の位置を少し調整したり、座る姿勢を変えたりするだけでも、指先や足が動かせることがよくあります。

また、指や足が動かなくても、首が動かせたり、瞬きが出来る人はいっぱいいらっしゃいます。

今は色々な入力スイッチがありますので、1cmでも指先が動かせれは意思伝達装置を使うことが出来ます。
額のシワや瞬きでも使うことが出来ます。

ほんの少し、体のどこかが動けば良いのです。
「どこか少しは動かせる」方はいっぱいいらっしゃいます。

この記事を読んでいただけた方は、
相手の方のいわれる「どこも動かせません」の言葉を信じずに、
どこか「少しでも動かせるところ」を探してみてください。

植田

(旧blog)リハビリ学校の講義で,ハーティーラダーの紹介

過去のブログより:2011-08-01 23:56:48

先日数回に分けて,リハビリテーションの養成校にて,講義に行ってきました!
内容は,神経・筋疾患に関する作業療法に関することです.

私は,講義に伺う時にはノートパソコンを持参するのですが,
当然「ハーティーラダー」もインストールされています.

講義に行ったある日の休み時間の事です.
ある学生さんが,「ハーティーラダーって良く使われるんですか?」と話しかけてくださいました 😮 」
私のノートPCのディスクトップ上にあったハーティーラダーのアイコンに気が付かれたようです.

よくよく話を伺うと,学校の自由レポートでハーティーラダーについて書かれたとのこと!
でも,実際に患者さんが使う場面を見たことがないから興味があるとのことでした.

ハーティーラダーの知名度も着々と上がっていますね!

その次の講義では,ハーティーラダーを含めたコミュニケーション支援の授業を予定より長めに組み込んできました 🙂
少しでも,学生さんにコミュニケーション支援について興味を持って頂けると幸いです.

(旧blog)スイッチ作成講座in佐世保高専

過去のブログより:2011-08-01 23:45:21

先月の,7月16日に佐世保高専にて,スイッチ作成講座を開催して頂きました!!

長崎県内から8名の参加がありました.

内容は,アルミ&プラスティック&スポンジを利用したスイッチと,
どんなスイッチ入力の練習や,スイッチの故障判別のテスターとしても使えるブザーを作りました.

スイッチもブザーも実用的なもので,今後の活動に役立てて行きたいと思います.

講師のM先生ありがとうございました!!

写真は,作成中の様子です.

(旧blog)20日の定例会に…

過去のブログより:2011-07-25 00:25:45

7月20日(水)の定例会でおいしいものが出てきました 😀

おかげでリバウンド中 😮

でも、ちゃんと決めるべき事項は話し合ったんですよ!

(旧blog)平成23年6月定例会 視線文字盤について

過去のブログより:2011-06-20 23:46:08

H23年6月15日の定例会では,透明文字盤の体験会を行いました.

文字盤の中でも,視線文字盤などと呼ばれる視線を合わせながら,文字を読み取っていく方法を中心に実施しました.

参加者同士で実際に文字盤を使うことで,新たな発見もありました.

参加された方からの意見としては,
1.内容をメモしないと忘れる
2,全く知らない内容だと,分かりにくかったり,余計に先読みしてしまい,結果的に分からなくなる.

などの意見がありました.

また,「さ」「ち」はゴシック体や,明朝体だと判別が付きにくいので,
「行書体」や「教科書体」で書くか,「カタカナ」表記の方が良いと教えて頂きました.

なお,今回使用した資料は,2つのホームページより引用させて頂きました.1:「感謝です!」HP: コミュニケーションエイドを活用されている方のHP
2:「日本ALS協会新潟県支部」:文字盤について分かりやすくまとめられています.

それぞれのHP作成者の皆様,資料の御提供を快諾頂きましてありがとうございました.
HPアドレスは,コミケンリンク集をご覧ください!!

(旧blog)5月定例会

過去のブログより:2011-05-19 00:00:58

今日の定例会は新レッツチャットの機能紹介と,レッツチャットの体験会でした.
講師は,リハテック・fのKさんです.

新しいレッツチャットの機能紹介は,後ほどコミケンデータ集に載せます!!

Kさん,今日はありがとうございました!!

次回の定例会は,6月15日19:00~です.

(旧blog)コミケンデータ集

過去のブログより:2011-04-28 12:11:26

今日、ようやく、コミケンデータ集のコーナーに最初の投稿しました。
HeartyLadderのワンポイント情報で停止機能を動画で説明しています。

事例とスイッチのカテゴリも作っていますので、皆さんも、どんどん投稿して情報を蓄積させてください。